ご挨拶

 当社は1982年2月の設立以来 自動車部品の設計開発を主体に企画または図面で受注し製品で保証する体制にて進めてきました。
 特にエンジニアリングプラスチックによる機能部品及びアッセンブリ製品が仕事の70%以上を占め、新しいプラスチック材料にチャレンジしてきました。

 2004年度から上記プラスチック自動車部品に電子関係を組み合わせ、「動く」、「指示」、「分別」等の新しい機能を持つプラスチック部品の研究開発を進めています。

 また、新しく環境関係の研究開発も進めています。
 今後は現在の仕事をベースに研究開発を探求しながら21世紀への仕事、例えば自動車の高度化への追求、人に関するものや五感に関するセンサー系及び作動(ロボット等)へも発展させ、将来は電子関係を中心とする産業や静脈産業を主体とする企業を念願しています。

 最後に、企業としては常に「清く」、「正しく」、「美しく」を考えています。